パーマをかけた後のダメージ

直毛で硬い髪のためワンカールのパーマをかけることにしました。柔らかい雰囲気になって家族にも高評価で満足していたのも束の間。かけた翌日から髪が触るとゴワゴワして硬くなって、その事がすごく気になるようになってしまいました。

http://www.helppreventsuicide.org/

特にカールした部分は髪の内部の水分がなくなってしまったような感じ。美容室では良いトリートメントで紙を潤わせてくれたので気づかなかったけれど、とにかく広がようのなってしまって少し後悔。パーマ液ってすごく髪にとってはいかに負担をかけるものかを知りました。念入りにトリートメントをしても、ヘアオイルもあまり効果なし。そこで前使って良かったアウトバストリートメントを思い出し使ってみることにしました。

「ミルボンのエルジューダ+」です。髪を洗った後に、2プッシュして毛先を中心につけて、ドライヤーで乾かすと、すごく毛先が潤ってしっとりしました。悩みだった広がりもおさまって髪が長くなったように感じます。ミルボンは香りが結構強めだけど、アウトバストリートメントとして濡れたままの髪に使えば、匂いも少し香るくらいで気にならなくなります。明日からも続けて、しっとりうる艶のパーマになれるように頑張りたいです。

部分痩せダイエットはできる!

部分的に痩せることができないと言われることもあります。
しかし、毎日5分続けて行うだけの簡単な運動で、内もも?せに成功しました。

プレミアムスリムスキニーレギンスの効果は?大根足OLの口コミ暴露!

といっても、とっても簡単で仰向けに寝て足を床から90度にあげ、脚を開いてとじての「足パカ」運動です。
初めは50回、できる様になれば1週間後には100回、2週間後150回と増やしていきましょう。
毎日することが目標で、ほんの2、3分で終わる時もあります。
慣れてくれば、他に自転車こぎ運動や、そのまま床に脚の裏を付けてお尻を15秒あげて、ヒップアップも目指しましょう。

毎日鏡を見て、内ももの変化を楽しみに励んでみましょう。
たったこれだけで1ヵ月もすれば、内ももの形が変わってくることに気が付きます。
脂肪が付いて、ぽってりとしていた内ももが、少し引き締まってくるのが分かります。
そう簡単には痩せませんが、しっかり毎日すれば2か月もすれば太ももの間に隙間が見えてきます。

回数を増やすことが難しい時は、何回かに分けてやってみましょう。
しかし足に負荷をかけることが目的です。頑張ってご自分の辛くなるまで回数をやって
セットとするのが理想です。

そして毎日続けることが、楽してじっくりと内もも痩せにつながることを意識してください。

断食ダイエットで痩せる為に必要な心構え

ダイエットを志す方の多くは、「食事制限」に取り組む事と思います。
長期的に痩せる為に、最良の方法の一つですが、短期間に痩せる方法として、【断食】も一つの手です。

断食は、「3日目あたりから、脂肪が減り始める」、と言われていますが、初心者が辿り着くのは相当にキツイです。
食事を摂らない状態に慣れる自体は、初心者でも充分に可能なのですが、「断食を終えた後のリカバリー」が、非常に難しいのです。
早期の回復を求めて暴飲暴食すれば身体を壊しますし、我慢し続けた反動で食べ過ぎたら下手すればリバウンドしかねません。

快糖茶の効果は?私の口コミや最安値で購入可能な通販サイトなどを全解説!

全力疾走で30秒ほど走った直後、休憩なしに再度全力で走れる人間は、世界中どこにも存在しないでしょう。
断食は言うなれば、「全力で食事を拒み続ける行為」ですので、運動や減量とは別次元の精神力が試されます。

断食の効果は、絶大です。
ダイエット目的のみに限らず、長時間かけて内蔵を休ませる利点もあり、腸内環境を整えるデトックス効果を得られます。
ある意味では、筋力トレーニングに近い行ないですので、「数日間は減量して最終日だけ断食する」など、少しずつ慣らすのが最良でしょう。
筋肉同様に刺激を与える事が重要で、何度か経験を重ねて体が対応し始めれば、低燃費でも動ける身体に変化していきます。
断食3日目を迎える頃には、頬や背中が減り始めやすく、肩周りからも実感できる事でしょう。
おなか周りが痩せるのは、内臓脂肪との深い関係から、一番最後とも言われていますが、全く減らない事は有り得ません。
【プチ断食】のみでも、確かな効果が現れます。

しかし、断食だけで痩せるには、無理が有ります。
ある意味トレーニングとも呼べますが、運動と違い筋肉を鍛える行為ではないので、基礎代謝が低いほど効果が薄れる為、肉体が痩せやすくなる土台が必要です。
事前に、【ストレッチ】、【筋力トレーニング】、【ウォーキング】、【ジョギング】、これらの基本的な運動だけでも、1日~3日ごとトレーニングを1ヶ月~2ヶ月、出来れば半年ぐらい継続したのち、「仕上げとして断食を行なう」方が、間違いなく高いダイエット効果を得られます。
長期的に鍛えた筋肉は男女共に、1週間や2週間で直ぐには失われません、断食中に安心して休んで大丈夫です。

断食は、身体に多大な影響を及ぼします。
継続的に痩せる方法の一つとして、是非とも効果を体験して頂きたいです。

メタ情報

カテゴリー

アーカイブ