分け目がどうしても気になる

家族全員毛量が多く、自分自身も小さい時から髪は多い方だったので、まさか毛量のことで悩む日が来るとは夢にも思っていませんでした。

髪が少ない人を見ては、羨ましいなーと思う毎日で、できれば髪を抜いてでもボリュームを落としたいとまで思っていたほどです。

ボタニカルエアカラーフォームを辛口評価!私の口コミ&体験談が衝撃的?

ところが老化というのは本当に誰にでもやって来るもので、年齢が上がるとともに髪についての悩みも全く変わって来たんです。
今まではとにかく髪のボリュームを抑える事だけを考えていた私ですが、ある時何気なく旅行先での写真を見てビックリしました。なんと、おでこの上の分け目がかなり大きく白く目立っていたのです。

「え?これまさか、禿げてる?」
まったく予想していなかった自体にかなり動揺してしましました。今まではボリュームをとにかく抑えたいので髪を後ろで一つに束ねることが多かったのですが、そうやってずっと髪を引っ張っている状態が続いたために、分け目に負担がかかってだんだん髪が抜けてしまっていたようなのです。

驚いた私はさっそくその日から分け目をいろいろ変えてみることにしました。ネットでも女性の抜け毛や薄毛について調べ、髪の乾かし方やセットの仕方、シャンプーの選び方やマッサージなどありとあらゆる方法を調べました。
おかげで今は少し落ち着いていますが、本当に男性にとっても女性にとっても髪の悩みはつきものだと感じる毎日です。

30過ぎたら肌の老化が早いけど。。。

私は、29歳で子どもを初めて出産し、出産の影響で肌の老化がさらに促進されたかもしれないが、母がしみができやすい体質で、私が子どものころからよく自分のシミを気にしている母の姿を見たり、「シミができないように、紫外線には気をつけろ、肌はゴシゴシこすったりしたらいけない」など、母からいつも言われていたので、10代の頃から日焼けには気をつけ、日焼け止めや日傘などをいつも使うようにし、紫外線の多そうな場所にはなるべく行かないようにしていた。

セシュレルの評価と効能!

それでも30歳を過ぎると、顔にシミが目立つようになり、目尻のしわもでてきた。
そしてこれ以上シミができてほしくなかったので、子どもの幼稚園の送迎時は真夏でも、つばの大きい帽子にUVカット入りのメガネ、マスク、長袖の姿で行っていたので、
他のママさん達に「完全防備やな(笑)」と半分笑われながら言われたこともあり、恥ずかしかったが、
「私は油断するとすぐにシミができてしまうので・・・(;’∀’)(笑)」と言ってその場をしのいでいた。

もともと敏感肌の私で、普段から化粧はほぼしない私。、
産後さらに肌が弱くなり、化粧品を使うと肌が痒くなったり、ヒリヒリしたりすることが多く、マスカラなんてしたら目がゴロゴロして痛痒くてたまらず、いつもスッピンの私だったが、
私も女性であり、年齢を重ねても女性としてキレイに見られたいという気持ちがあることに気づき、
ネットで敏感肌用の化粧品などを探したり、実際に友達と一緒に化粧販売しているお店に行き、販売員さんに直接メイクしてもらったりして、気持ちがワクワクした。

高い化粧品とかも試しに使ったり、その時は高級化粧品の容器とかで気持ちが高揚して、それだけで肌の調子がいいような気がしたけど、
結局はいつでもすぐに買えるドラッグストアなどで売っている敏感肌用のリーズナブルな化粧品に落ち着いていた(笑)

でも、化粧容器がお洒落な化粧品類は、それだけでも気持ちがワクワクして乙女心がくすぐられ、肌がキレイだった若いころの甘酸っぱい気持ちを思い出させてくれたり、
いつまでも女性として扱ってもらえているような気がして嬉しいので、容器のデザインは大事かもしれないと思ったりした。

年齢を重ねると、若い頃と同じような肌にはなれないけど、
「それもまた今の私で素敵よね」と思えるような、年齢ごとにあった美容ケアを考えていきたい。

体重は落ちたけれど。。。

数キロダイエットしたいなと思いながら忙しいを言い訳にズルズル。ズボンを履いた時にきつく感じることが増え、ダイエットを決心しました。当時何がいいのか分からず、やってしまったのが食べないダイエットです。

http://www.pokojik.com/

朝はもちろん、昼も食べず晩のみ食べる生活を約8年続けました。しかも晩に食べる量が尋常ではなかったです。軽く2人前は食べていました。しかも仕事の都合で11時以降に食べる事もしばしば。年に数回日付が変わる帰宅時は流石に疲れが勝ってしまい食べずに寝てましたが。でもこれって、1日固形物を食べてないんですよね、恐ろしい事です。

その当時は確かに体重は落ちました、約3キロ~5キロしかも大きく変動せずほぼ現状維持です。しかも仕事中にMax2万歩を歩く程動いていたので、運動も兼ねていたのでしょう。(その当時高たんぱくな食事を取っていれば健康的なダイエットになったのでしょうが)

その後、朝にバナナを通勤の車内で食べるようになりました。きっかけはやっぱり食べないのはダメだと気付きましたね、運悪ければ食べない日がありますから。それからお昼にサラダをお弁当に持っていくようになり、すこしずつ食やダイエットについて知識を得ていきました。現在は、糖質を抑えながら必要な栄養素は摂取するように気をつけてくださいます。

メタ情報

カテゴリー

アーカイブ