ほうれい線に悩まされ続けた末の決断です

私は20代の頃から、ほうれい線が人よりも目立っているといったコンプレックスがありました。ネオちゅらびはだ

ほかの身体の部位であったり、服でカバーできるような場所であればお肌のトラブルも問題ないのですが、どうしても顔の、しかも口元とあって、常にマスクを付け続けるようなこともできず、とにかく保湿に一生懸命になって、がんばってきました。

ちょっとお値段の張るような効果がありそうなものを買ってみたり、パックを朝晩時間のあるときには欠かさずしたり、できるだけ咬筋を動かすことで、口元のリフトアップさせるようなエクササイズも試みました。ですが、30歳になったとき、偶然、晴れた日にドライブにでかけて、サイドミラーに映る自分の顔を見て、びっくりしてしまいました。

そこに映し出されていたのは、まるで老婆のように、深くなったほうれい線を持つ私の顔だったのです。お化粧をすればするほど、ファンデーションを塗れば塗るほど逆効果だったようで、ほうれい線はひどく目立っていました。その後、すぐに、ネットで調べて、美容外科の門を叩き、先生にご相談し、アクアジェルと注入してもらうことにしました。

すると、やはり今の技術はすばらしく、翌日からダウンタイムもなく、きれいにほうれい線が目立たなくなったのです。あんなに悩んでいたのに、たったこれだけで解決してしまうなんて、いまどきの美容外科が流行る理由がよくわかりました。

年齢とともに変化するお肌のトラブル

中学生になり思春期を迎えてから、お肌のトラブルには悩まされ続けていました。http://www.mason-works.com/

もともと小学生の頃からそばかすが多く自分の肌が嫌いでしたが、それに輪をかけてできたニキビには、本当に毎日嫌気がさしていました。おでこと、こめかみにできたニキビの数は50個以上になり、母に相談して高級な基礎化粧品やパックで対策するも、直ぐには治らず、本当に辛かったです。中学3年生の頃は、受験によるストレスで、更に増えていった記憶があります。

高校生になり、少しづつ改善されていったので、そこからは、ニキビで悩むことは殆どありませんでした。20代は、肌トラブルも少なく、30代を迎えるまでは、大きな肌トラブルはありませんでしたが、32歳頃から、大人のニキビに悩まされました。

学生の頃は、おでこ、こめかみ等に発生していたニキビですが、今度は、口の周りと首のあたりに集中してできました。この悩みは1年程続きましたが、ストレスの軽減とともに、少しづつまた、落ち着いていきました。

間もなく40歳になる今はニキビはありません。しかし、今度は、肌の痒みに悩まされています。年齢と共に、ライフスタイルも変わり、女性の肌は変化することを感じています。乾燥していた以前とは異なり、妙に脂がのったり、変な汗をかいたりとしていますので、そういった事が原因かと考えています。いずれにしても、お肌の悩みは続きますので、温泉や岩盤浴など、ヨガなどを通して、ストレスを軽減させながら上手に付き合っていこうと考えています。

メタ情報

カテゴリー

アーカイブ