憎っくきアゴニキビとの戦い

思春期に散々ニキビに悩まされてきましたが、まさか大人になってからもここまでニキビに悩まされることになるとは思いもしませんでした。

http://vincentdelermofficiel.com/

私は1年ほど前からあごにできるニキビに悩んでいます。顔のほかの部位にはできないニキビが、なぜかあごにだけできるのです。

市販薬を購入し塗ったり、ビタミン剤を摂取したり、スクラブ系の洗顔を使用したりと色々試してみましたが、一向に良くなる気配がありませんでした。治ってもまた新しいニキビができての繰り返し。毎日化粧もしているのもあり、どんどん酷くなる一方でした。

写真を撮るのも嫌な時期があり、このままではいけないと思い、インターネットで情報収集始めました。

アゴニキビの原因いくつかあるそうですが、最大の敵は乾燥だそうです。それから乾燥を避けるため、化粧水を多くつけたり、保湿力のある化粧品を試したり、あごの化粧を薄くしたり、色々な方法を試しました。それにより、少しずつ改善はしたものの、やはりまたすぐにニキビが出てきてしまうのです。

こうなったら専門家の力に頼るしかないと、藁にもすがる思いで皮膚科を受診しました。

先生に症状を伝えると、あごの乾燥をカバーするために皮脂がたくさん出ていて、その結果、毛穴が詰まってニキビができてしまっているとのことでした。

原因が根本から解決されないと、ニキビのみに薬を塗ってもまた他のところから新しいニキビ出てくるそうです。そこで、ピーリング効果のあるニキビの薬を処方していただき、それをあご全体に塗ることにしました。

完全に綺麗になるには半年程度かかるそうなので、現在も塗り薬による治療は続いています。現在、2ヶ月程経過していますが、少しずつ新しいニキビができる頻度が少なくなっていると感じます。最初にあったかゆみなどの薬の副作用も今では出ていません。

肌のトラブルはかなり精神的にも負担になります。最初は市販薬や市販の化粧品などで対処してしまいがちですが、長引かせないためにも勇気を出して病院に行き、専門家にアドバイスを頂くのも良い方法だと今回の悩みから感じました。

この記事を通して、少しでも同じ悩みを抱えている方の希望になれたら嬉しいです。

シミのケア・治療とその後のメイク事情

私は若い頃からシミのようなものがあり、メイクをする年頃になると流石に気になってきました。

肌自体はそれほどトラブルはなく、肌の質の悩みもありませんでした。ネオちゅらびはだの効果

ただ年々シミは気になり、なんだか濃くなってきている気もしていて…早いうちから美白化粧品に目が行くようになったのです。

今ではすっかりプチプラコスメに落ち着いているのですが、当時の私はカウンセリングコーナーでじっくり相談し、新商品が出たらとりあえず試してみる感じでした。

結局、意を決して皮膚科で相談したら良い治療先を教えていただき、数回のレーザー治療で除去しました。

かさぶたが取れたあとの肌を日焼けから守り、次の治療までの肌のカバーをするのに良いということで、担当の先生にカバーマークを教えていただきました。

一番ベーシックなタイプのファンデーションを使ったのですが、コンシーラいらずのカバー力で、少し重ねればまだ残っていたシミも気にならなくなりました。

とても使い心地が良かったので、治療終了後も数年使い続けました。

ファンデーションのみだとどうしてもマットにはなりますが、パウダーをうまく叩けば自然な仕上がりにできます。

治療後の紫外線は気にしなければいけなかった分、肌がしっかり守られている感があって安心できました。

実は地元が田舎故にカバーマークのお店は無く、当時はわざわざ1時間ほどかけて買いに行っていました。

若かったこともありフットワークが軽かったのでしょうね。

先に書いたとおり、今は地元で安価で手に入るコスメですませています。

もしお店が地元にあって、財布に余裕があるなら…色々新商品もあるようですし、いつかまた試してみたいですね。

産前産後の黒ずみやシミの悪化と増加

産前産後はホルモンの増減の影響がかなり大きいので、お肌の状態はなにかと悪くなりがち。

最近のわたしのお肌の1番の悩みも、もともとあった黒ずみやシミが産前産後にひどくなったこと、また更に増えたことです。

http://www.svitani.net/

具体的にあげると、まずやっぱり気になるのは顔ですね。

中でも頬骨あたりのシミが濃くなったこと、そして増えたことが気になります。

ソバカスか、肝斑か…特に目につく場所なので、いろいろ試してみますが、あまり効果もなく、悲しくなってしまいます。

このまま定着しないことを願っています。

次に気になるのは全身の乾燥です。

特に背中、二の腕などがひどく、かゆみも伴うのが気になります。

背中はクリームなども自分では塗りにくいですしね。

夫にときどき塗ってもらいますが、全身のケアまでは育児に追われておろそかになりがち。

ボリボリ掻いてしまうことになり、更に肌の状態が悪化してしまいます。

それからワキの黒ずみ。

これは特に産前にかなりひどく、でも気づいた時にはかなりショック…でも産後になって結構薄くなってきたので、このまま前の状態に落ち着いてくれるといいのですが。

最後は妊娠線ですね。

実母の妊娠線がかなりしっかり残っている方なので、産前からクリームはしっかり塗っていましたが、実母ほどではなかったまでも、やっぱりそれなりに残っています。

勲章、と思えばそれほど憎くもないですが、いまもクリームを塗っています。

産前産後はこんなふうにお肌の悩みが増え、育児に追われてケアもおろそかになりがちですが、ホルモンの状態が落ち着くことを願うばかりです。

わたしのお肌は、イチゴちゃん

あー(>_<) 毎日、鏡を見てはウンザリ?? きびしい現実、なかなか受け入れられないぃぃぃ http://www.handipole-maintien.org/

かがみよ かがみよ かがみさん

この世で一番うつくしいのは だーれ?

って言ってる場合かっっ

ぱっと見るだけでも、

シミ、しわ、たるみ、くすみ…

そして、

なにより毛穴問題!

開いちゃってるし、

詰まっちゃってるし?(T ^ T)

どないしよ、コレ。

ちまたで絶賛の

クレンジングD◯Oも使ってみだけど、

なんかね、黒い毛??みたいなやつが

たくさんあって取れない!

マジやばい

((((;゚Д゚)))))))

洗っても洗っても気になるぅ

世の美魔女さまたちは、どうしてるのかね?

日々の行いのツケなんだろうけど

だれか、助けてえ?

ま、叫んでもムリなんで、

とりあえずサクッとしらべてみたら、

なんか課題がいっぱいでてきた( ̄▽ ̄;)

規則正しい生活しかり、

栄養バランスの大切さ、

あと、日々のケアを見直さねば(>人<;)

気になれば気になるだけ

時間かけて洗いすぎてるのかも!

洗いすぎると余計あぶら出ちゃってたのかな?

しかし、毛穴別とかよくあるけど、

混合だとどうすればいいの???

年齢的にも、今からでも大丈夫だよね?とか…

あー、

正直どっから手をつけたらいいかわからんっっ

とにかく、やってみっか!

手探りだけど一歩ずつガンバ!

手の肌荒れについて悩んでいます

仕事をしていたり家で料理を作ったりするときに水で手を洗ったり、仕事などで消毒薬などで手を消毒したりすると、手のひらや手の後ろの甲がかさかさになることが毎年の悩みです。手のひら特に指の部分がかさかさになると痛みとかはないものの、紙などに触ったりすると口で説明するのはうまくないんですけど、何かが引っ掛かるような変な感触があります。

効果あり?ヴィオテラスCセラムを使った口コミや解約方法をお伝え!

まだ手のひらの方はマシなほうで手の甲が肌荒れするとテレビで良く言われているぱっくり割れになると、水で手を洗うだけでもかなりしみて痛いです。酷いものになると、ぱっくり割れした部分から少しですが出血したりして日常生活に支障をきたしたりします。

その日家に帰り風呂に入ると最初は傷口がしみますが、次第に痛みがなくなってきます。しかし今はコロナウイルスが流行しておりどうしても仕事をしている中で手指の清潔のために何度も手洗いや消毒薬を使う機会が多く、さらに乾燥しているか季節も加わって痛みと戦う毎日を送っています。

一応対策としてはカサカサ肌になってきたらハンドクリームを両手に馴染ませたり、ワセリンをぱっくり割れになっている手の甲に塗り、使い捨て手袋を使用し、保湿に努めています。またまだ手の荒れは解決できそうにないですが、日々頑張っています。

季節の変わり目には入念にスキンケアを

季節の変わり目って心身共に大変だったりしますよね。たとえば、気分が憂うつになりがちだったり、元気が出なかったり、風邪をひきやすかったりとか、あとはお肌のコンディションも悪くなり肌荒れが起こりやすかったりもしますからね。http://www.casadepuroscigars.com/

なので、普段よりも季節の変わり目には色々と身体をいたわってあげてしっかりとケアしていかないと!と思っています。

特に夏から秋に変わる季節の変わり目っていうのは結構大変だったりしますよね。今まで暑かったのが急に肌寒くなって体調を崩す人も続出してきますし、それに乾燥してくるっていうのもイヤですよね。

お肌に関しても夏に受けた紫外線のダメージが後を引いてコンディションが悪い状態になりがちです。この季節の変わり目にしっかりスキンケアしてあげないと、お肌がボロボロになっちゃいそうですよね。

私はこういう季節の変わり目にはパックをいつもよりも回数を多めにしてケアしてあげています。しっとりと保湿させることが大切なので、パックでお肌の新陳代謝を高めてあげているんです。それだけでもだいぶお肌のコンディションは違ってきます。ちょっと気を使ってあげるだけでお肌の状態は変わってくるので、季節の変わり目は特に入念にスキンケアしてあげるのがポイントです。

眉間のしわをなんとかしたい

30代主婦です。

今、一番の肌の悩み、ストレスは眉間にあるしわについてです。

中学生の頃から目が悪く、遠くの物を見る際に眉間をよせる癖がついていました。

また、嫌な事があると顔に出るタイプらしく眉間をよせてしまっていたようで、嫌な事がなくても、本を読んだり、真面目な顔をしている時に「怒っている?」と聞かれる事もあるのですが今までは気にせず過ごしていました。

しかし、子どもを産んで自分のスキンケアに時間を割くのが難しくなってからというもの、眉間にくっきりとしわが刻みこまれてしまっていました。

もう、時すでに遅しという感じでしたが、自分で気にするというよりも、夫や子供から指摘されるとさすがにショックでした。

それからは、しわ改善のクリームを塗ったり、なるべく眉間に意識を集中するようにしたりしてはいますが、一向に改善の気配はありません。

そして、あまりにも自分で気になるので今までは前髪を伸ばしてセンターでわけていたのですが眉毛の下ギリギリにパッツン前髪にして目立たないようにしました。

夫や子供に指摘されるという事は、他人にもばれているのかと思い愕然としました。ボトックスやヒアルロン酸などプチ整形くらいしかこの深く刻み込まれたしわを改善するすべがないのかと落ち込んでいます。

若シワを作らないために!!

突然ですがみなさん、シワは40代・50代になってからなるものだと思っていませんか?

結論からいうと全くそんなことはありません。

シワは10代や20代の方も日々注意していかなければいけないのです。

では具体的になにに気をつけなければいけないのか?

若い方では表情シワで悩む方が多くみられます。表情シワは普段自分が気が付かないうちに顔にシワがよってしまい、これが形状記憶といって皮膚に刻まれシワになるものです。

若い方でも普段からおでこや眉間、目じりなどにシワが入ってしまっている方は注意が必要です。自分の場合、おでこにシワを寄せる癖があったようでこれが形状記憶として残りとても悩んでいました。さらに自分はおでこが前髪で隠れていたのでよいこれに気が付くのが遅れてしまったのです。最近では、女性・男性問わず前髪でおでこを隠している方は多いのではないでしょうか?

普段からどこの部分にシワを寄せてしまっているのか気付くことができれば意識的にシワを寄せないようにすることは可能です。また浅いシワであればマッサージなどで解消することも可能です。

若シワで悩む方を一人でも減らせたらと思い、この記事を書かせて頂いています。鏡を見てもし自分がシワを寄せているようであれば今日から意識的にシワを寄せないように改善していきましょう。

早ければ早いほど効果があるはずです!

ぜひ実践してみてくださいね!!

私はお肌の悩みに、目のわきに大きなシミがあることが悩みです。

私はお肌の悩みで、目のわきに大きいシミがあることが悩みです。お肌のシミはとても大きくてパンダのようです。とてもつらいですがなかなか治りませんので、これ以上大きくしないためにもと思っていろいろと行っています。しかしながらなかなか思うようにはお肌のシミは取れませんから、レーザー治療でもしなければ無理だと思っています。

しかしながらなかなか思い通りにいかないのでこの先どうしようかとも考えています。私はこのままパンダのように過ごしていくのか、はたまたいろいろと大変な思いをしてシミを取り除くのか、というところでいろいろと考えようです。

なかなか思い通りにはいかないので正直つらいですがこのままいろいろと考えて過ごすよりかはしっかりと対策をしていく必要があるんじゃないかなと思っています。私は正直つらいですがそれ以上につらい人も多いんじゃないかなと思って私だけじゃないんだという気持で今過ごしています。

なかなかお肌のシミは女性の大敵だと思います。これ以上増やしたくありません。お肌の悩みは尽きませんが何とか何とか頑張ってやっていくしかありません。どうしたらいいのかわかりませんがこれ以上どうしようもない気もしています。

若い頃の日焼けのため?!おでこのシミが悩み

私は、現在40歳を過ぎた、主婦をしている女性ですが、この年になっておでこに大きなシミができてしまって困っています。シミができた要因には心当たりがあります。それは、私が子どもの頃から30歳直前まで、海が大好きで毎年真っ黒になるくらい日焼けしていたことが原因ではないかと思っています。

私が若かった頃は、日焼けした女性の方が可愛らしく見えるという風潮があったので、調子に乗って積極的に日焼けしていました。現在の私のシミはその代償ではないかと思っています。まだ、子どもが中学生で、夏には家族旅行で海水浴に行くこともあるのですが、その時には海に入らないようにしました。

もちろん、バッチリとUVケア対策も欠かさずに行っています。このような行動は、シミを大きくしないことに役立ってくれてはいますが、できてしまったシミを直すための根本対策にはなっていません。そのため、根本対策のために、医薬品のサプリメントを利用するようになりました。

なかなか効果は出ませんでしたが、根気よく使い始めました。サプリメントを使い始めて3カ月ほど経った時でしょうか、少しだけシミが小さくなり始めている気がします。これからも、サプリメントを利用し続けて、シミをなくしたいと思っています。

メタ情報

カテゴリー

アーカイブ