ダイエットを志す方の多くは、「食事制限」に取り組む事と思います。
長期的に痩せる為に、最良の方法の一つですが、短期間に痩せる方法として、【断食】も一つの手です。

断食は、「3日目あたりから、脂肪が減り始める」、と言われていますが、初心者が辿り着くのは相当にキツイです。
食事を摂らない状態に慣れる自体は、初心者でも充分に可能なのですが、「断食を終えた後のリカバリー」が、非常に難しいのです。
早期の回復を求めて暴飲暴食すれば身体を壊しますし、我慢し続けた反動で食べ過ぎたら下手すればリバウンドしかねません。

快糖茶の効果は?私の口コミや最安値で購入可能な通販サイトなどを全解説!

全力疾走で30秒ほど走った直後、休憩なしに再度全力で走れる人間は、世界中どこにも存在しないでしょう。
断食は言うなれば、「全力で食事を拒み続ける行為」ですので、運動や減量とは別次元の精神力が試されます。

断食の効果は、絶大です。
ダイエット目的のみに限らず、長時間かけて内蔵を休ませる利点もあり、腸内環境を整えるデトックス効果を得られます。
ある意味では、筋力トレーニングに近い行ないですので、「数日間は減量して最終日だけ断食する」など、少しずつ慣らすのが最良でしょう。
筋肉同様に刺激を与える事が重要で、何度か経験を重ねて体が対応し始めれば、低燃費でも動ける身体に変化していきます。
断食3日目を迎える頃には、頬や背中が減り始めやすく、肩周りからも実感できる事でしょう。
おなか周りが痩せるのは、内臓脂肪との深い関係から、一番最後とも言われていますが、全く減らない事は有り得ません。
【プチ断食】のみでも、確かな効果が現れます。

しかし、断食だけで痩せるには、無理が有ります。
ある意味トレーニングとも呼べますが、運動と違い筋肉を鍛える行為ではないので、基礎代謝が低いほど効果が薄れる為、肉体が痩せやすくなる土台が必要です。
事前に、【ストレッチ】、【筋力トレーニング】、【ウォーキング】、【ジョギング】、これらの基本的な運動だけでも、1日~3日ごとトレーニングを1ヶ月~2ヶ月、出来れば半年ぐらい継続したのち、「仕上げとして断食を行なう」方が、間違いなく高いダイエット効果を得られます。
長期的に鍛えた筋肉は男女共に、1週間や2週間で直ぐには失われません、断食中に安心して休んで大丈夫です。

断食は、身体に多大な影響を及ぼします。
継続的に痩せる方法の一つとして、是非とも効果を体験して頂きたいです。

メタ情報

カテゴリー

アーカイブ