これは私がまだ若かった頃の話です。
「私をスキーに連れてって」の世代であった私は、スキーが大好きな青年でした。

そして、当時交際していた女性を誘っては、二人で毎週のようにスキーに行っていました。神奈川県に住んでいましたが、およそ4時間ほどの運転をしていろいろなスキー場に行きました。

バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる出会いの場を紹介

彼女にスキーをさせるにあたって、彼女のスキーグッズの購入から始まりました。私が、8歳年上と言うこともありスキーグッズの購入代金は私が負担しました。
スキーに行くのは、いつも、金曜日の深夜でした。会社で仕事をして、速攻で帰宅し、そのまま、寝ずに運転してスキー場に向かうのです。そして、ほぼ徹夜でスキーを楽しみ、日帰りで帰ってくると言うパターンでした。

今になって考えると、当時は私も若く、とてもパワフルでした。
スキー場では彼女にスキーを教え、彼女も徐々に滑れるようになりました。

彼女が上達していく様子を見るのがうれしくて、毎週のようにスキーに通うようになったわけです。
そして、いつも、スキーの帰りに温泉に立ち寄るようにもなりました。スキーが楽しめて、温泉も楽しめるとのことで彼女も大満足そうです。
そんな関係が3年ほど続きました。
そして、その彼女が現在の妻です。

メタ情報

カテゴリー

アーカイブ